コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出足 であし

3件 の用語解説(出足の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出足
であし

相撲で最も大切な常に前へ出ること。上体に対して足が伴わなかったり,すり足を実行しないと,のめったり,相手の技をくったりする。運び足のなかでも一番大切とされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

で‐あし【出足】

催し物・行楽地などへ人が出向く程度・状態。「雨で出足がくじかれる」「客の出足がよい」
物事の始まりの状態。「新製品の好調な出足
自動車の出発時の速度。「出足の速い車」
相撲で、相手を攻めながら足を相手の方へ踏み出すこと。「鋭い出足で寄り切る」
柔道で、前へ踏み出した足。「出足払い」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

であし【出足】

動き始めるときの速さや状態。 「 -の鋭い車」
催しなどに人が出かける状態。人の出方。 「客の-は上々だ」
相撲で、前へ攻めて出るときの、足の運び具合。 「 -がつく」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

出足の関連情報