コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稽古 ケイコ

3件 の用語解説(稽古の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けい‐こ【稽古】

[名](スル)《古(いにしえ)を稽(かんが)えるの意》
芸能・武術・技術などを習うこと。また、練習。「稽古に励む」「稽古をつける」「毎日稽古して上達する」
芝居などで、本番前の練習。下げいこ。リハーサル。「総稽古
昔の書を読んで物の道理や故実を学ぶこと。学問。
「学窓に蛍を集めて、―に隙なき人なれば」〈太平記・一二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

稽古

本来は中国語で「稽」は考える、「古」は昔のことを意味する。つまり、昔のことを考え調べて今どうしたらよいか知ることという意味で、そこから書物を読んで学ぶことという意味になった。これが日本では中世以降、学問から離れて芸事や武芸に限定して、習うことという意味で用いられるようになった。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けいこ【稽古】

( 名 ) スル
〔「稽」は考えるの意で、が原義〕
武芸・芸事などを習うこと。また、練習。 「ピアノの-」 「寒-」 「熱心に-する」 「 -を付ける(=指導スル)」
書物を読んで昔の事を考え、物の道理を学ぶこと。学問。学習。 「学窓に蛍を集めて-に隙なき人なれば/太平記 12
高い学識のある人。上達した人。 「信濃前司行長、-のほまれありけるが/徒然 226

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の稽古の言及

【寒稽古】より

…一年中でもっとも寒い寒中の一定期間,早朝あるいは夜間に武道音曲を稽古する日本古来の修行法。現代武道においてもこの伝統的な稽古法は広く行われ,寒中に5~15日くらいの間で日数を定め,早朝寒さにうちかって激しい訓練をすることにより,精神的錬磨をおもな目的としている。…

【秘伝】より

…類義語に秘事口伝,秘説,密伝,奥説などがある。上の教学,家学から茶道,花道,武道など芸能諸分野に至る教育と練習はおのおの固有の形式に習熟することを基礎として〈稽古〉が重視される。秘伝はこの稽古の最終的段階で伝授されるものである。…

※「稽古」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

稽古の関連キーワードイニシエーターイニシエーション古学び古書昔方古振り常しえいにしえの休日探偵神宮寺三郎DS〜いにしえの記憶〜山本勘太郎(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

稽古の関連情報