コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぶどう膜欠損(症) ぶどうまくけっそんしょう Uveal Coloboma

1件 の用語解説(ぶどう膜欠損(症)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぶどうまくけっそんしょう【ぶどう膜欠損(症) Uveal Coloboma】

[どんな病気か]
 妊娠初期の発生異常によって生じるもので、胎児(たいじ)のときに眼球(がんきゅう)の下側で開いていた胎生裂(たいせいれつ)(眼杯裂(がんぱいれつ))が完全に閉じず、ぶどう膜の形成不全によっておこります。
 ぶどう膜欠損が眼球前方の虹彩(こうさい)だけに生じると、瞳孔(どうこう)(ひとみ)が下方に開くために西洋ナシのような形になり、虹彩欠損(こうさいけっそん)(症(しょう))となります。
 ぶどう膜欠損が眼球後方の脈絡膜(みゃくらくまく)だけに生じると、下方の脈絡膜が形成されず、脈絡膜欠損(みゃくらくまくけっそん)(症(しょう))となります。
 小眼球(しょうがんきゅう)、弱視(じゃくし)、眼振(がんしん)をともなったり、白内障(はくないしょう)、網膜剥離(もうまくはくり)を合併することが多くみられます。
 治療法はありません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

ぶどう膜欠損(症)の関連キーワードおりもの先天性風疹症候群口蓋裂海豹肢症何心地不死身プリマドンナ病は気から胚発生テンドン・ブーツ (Tendon Boots)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone