コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぶどう膜欠損(症) ぶどうまくけっそんしょうUveal Coloboma

1件 の用語解説(ぶどう膜欠損(症)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぶどうまくけっそんしょう【ぶどう膜欠損(症) Uveal Coloboma】

[どんな病気か]
 妊娠初期の発生異常によって生じるもので、胎児(たいじ)のときに眼球(がんきゅう)の下側で開いていた胎生裂(たいせいれつ)(眼杯裂(がんぱいれつ))が完全に閉じず、ぶどう膜の形成不全によっておこります。
 ぶどう膜欠損が眼球前方の虹彩(こうさい)だけに生じると、瞳孔(どうこう)(ひとみ)が下方に開くために西洋ナシのような形になり、虹彩欠損(こうさいけっそん)(症(しょう))となります。
 ぶどう膜欠損が眼球後方の脈絡膜(みゃくらくまく)だけに生じると、下方の脈絡膜が形成されず、脈絡膜欠損(みゃくらくまくけっそん)(症(しょう))となります。
 小眼球(しょうがんきゅう)、弱視(じゃくし)、眼振(がんしん)をともなったり、白内障(はくないしょう)、網膜剥離(もうまくはくり)を合併することが多くみられます。
 治療法はありません。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone