コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

への字 ヘノジ

デジタル大辞泉の解説

へ‐の‐じ【への字】

「へ」の字の形をしていること。「口をへの字にする」
《「お部屋様」の「へ」をとって符丁(ふちょう)のようにいった語》正妻のこと。→めの字2
「めの字から―になるとつけ上がり」〈柳多留・二三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へのじ【への字】

「へ」の字形をしていること。 「口を-に結ぶ」
〔「おへや様」の「へ」に「 の字 」を加えたもの〕 正妻。 「めの字から-に成るとつけ上り/柳多留 23

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

への字の関連キーワードコメツキムシ(米搗虫∥叩頭虫)アンナ・M. トレンハルト中村 仲蔵(3代目)籠担ぎ星・篭担ぎ星パイクスタート口を引き垂る文化刺しゅうリアルト橋トウザヨリ口脇を下ぐへの字口への字形櫓(ろ)貝を作るサイホン圧し口正妻又平石鑿ハス

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

への字の関連情報