コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

符丁/符帳/符牒 フチョウ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐ちょう〔‐チヤウ|‐テフ〕【符丁/符帳/符×牒】

商品につける、値段や等級を示すしるし。
仲間うちだけに通用する言葉。隠語。合い言葉。「―で値を言う」
しるし。記号。符号。「頭文字で―をつける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

符丁/符帳/符牒の関連キーワード合い紋・合い文・合紋・合文フリーメーソン萬金産業袋データ通信シェルタ語言習わすせり売買ヘルダー秘密結社手振り大福帳弥太一勘合符への字液だくころりめの字タグ挨拶64

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android