コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾吟我集 ゴギンワガシュウ

大辞林 第三版の解説

ごぎんわがしゅう【吾吟我集】

狂歌集。一〇巻。石田未得著。1649年成立。題名・序文は古今和歌集をもじったもので、部立もそれにならっている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吾吟我集
ごぎんわがしゅう

江戸初期の狂歌集。上下2冊。石田未得(みとく)著。自序。1644年(正保1)成立、同年刊行か。京都前川権兵衛刊。江戸の俳人としても聞こえた未得が、自作の狂歌628首を、四季、賀、恋、世話、雑、廻文(かいぶん)に分類編集したもの。書名をはじめ「やま田歌は人のとる早苗(さなへ)を種として、あまたの稲の言の葉とぞなれりける」に始まる長文の序文から巻頭歌「年の内の春にむまるるみどり子を一つとや言はん二つとや言はん」に至るまでそっくり『古今和歌集』を模してある。狂歌史上初の一作者による公刊家集であり、所収作品も趣向を凝らし想を練り当時としては優れている。書名(『狂歌集要』とも)や版元、版木を変えつつ幕末まで刊行された。[森川 昭]
『『近世文学資料類従 狂歌編2』(1977・勉誠社) ▽『狂歌大観1』(1983・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

吾吟我集の関連キーワードやにこい未得序文

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android