コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾吟我集 ゴギンワガシュウ

3件 の用語解説(吾吟我集の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごぎんわがしゅう〔ゴギンわがシフ〕【吾吟我集】

江戸前期の狂歌集。10巻。石田未得(いしだみとく)著。慶安2年(1649)成立。古今和歌集をもじり、部立てもそれに倣う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごぎんわがしゅう【吾吟我集】

狂歌集。一〇巻。石田未得著。1649年成立。題名・序文は古今和歌集をもじったもので、部立もそれにならっている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吾吟我集
ごぎんわがしゅう

江戸初期の狂歌集。上下2冊。石田未得(みとく)著。自序。1644年(正保1)成立、同年刊行か。京都前川権兵衛刊。江戸の俳人としても聞こえた未得が、自作の狂歌628首を、四季、賀、恋、世話、雑、廻文(かいぶん)に分類編集したもの。書名をはじめ「やま田歌は人のとる早苗(さなへ)を種として、あまたの稲の言の葉とぞなれりける」に始まる長文の序文から巻頭歌「年の内の春にむまるるみどり子を一つとや言はん二つとや言はん」に至るまでそっくり『古今和歌集』を模してある。狂歌史上初の一作者による公刊家集であり、所収作品も趣向を凝らし想を練り当時としては優れている。書名(『狂歌集要』とも)や版元、版木を変えつつ幕末まで刊行された。[森川 昭]
『『近世文学資料類従 狂歌編2』(1977・勉誠社) ▽『狂歌大観1』(1983・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吾吟我集の関連キーワード石田未得半井卜養岡村不卜徳和歌後万載集故混馬鹿集後撰夷曲集未得石田意深石田未琢金鈴舎一宝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone