コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

へん ヘン

デジタル大辞泉の解説

へん

[感]相手を見下したり、勝ち誇ったりする気持ちで発する声。「へん、どうだ、まいったか」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へん

( 感 )
相手や相手の言うことを軽んずる気持ちを込めて発する語。 「 -、どんなもんだい」 「 -、何を言ってるんだい」

へん

( 助動 )
サ変動詞の打ち消しの形「せぬ」の転。関西地方での言い方。 「そこへは行かへん」 「何もあらへん(無イ)」 〔本来の強調表現、たとえば「行きはせぬ」という言い方が「行きはせん」「行きやへん」と変化する過程で強調の意がうすれ、さらに「行きゃへん」「行かへん」と変化するなかで「へん」が打ち消しの助動詞として析出された〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

へんの関連キーワード大梅法〓(“王へん”に「巽」)バリアブルコンデンサー縁塗烏帽子カクレオン逸見文九郎楕円偏光いわや道バリコン鶴林寺道太龍寺道保護細胞一日片時化生の者オピウム偏執狂自助論迷ひ神捨子偏七化け和玉篇

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

へんの関連情報