コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長音 チョウオン

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐おん〔チヤウ‐〕【長音】

長くのばして発音する音。⇔短音
音声学上の用語。ある音節母音を長くのばし発音。普通には語音として定まった、通常の短い音節の2倍の長さにのばすもの。例えば、「おかあさん」の「かあ」の部分は「かの長音」という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

長音【ちょうおん】

音声学用語長母音・長子音をさすこともあるが,般的には音節における長音をいう。たとえばア[a]に対するアー,キ[ki]に対するキー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうおん【長音】

ある音節の母音を長くのばして発音するもの。「おばあさん」「ゲーム」の「ばあ」「ゲー」の類。 ↔ 短音

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長音
ちょうおん

長く引き延ばして発せられる音。「お母(かあ)さん」「十(とお)」「お姉(ねえ)さん」「小(ちい)さい」「数(すう)」「多(おお)い」のカー、トー、ネー、チー、スー、オーを、一般にカの長音、トの長音、ネの長音、……というようによぶ。普通の長さ(1音節)の2倍の長さ(2音節)と意識されている。これを音韻論的にどう位置づけるかは説が分かれるが、金田一(きんだいち)春彦は、短い音節のあとに「引き音節」(長音音素)がついたものと解釈する。現代東京語では、オバサンとオバーサン、オニさん(鬼さん)とオニーサンなどの対立例が示すごとく、長音と短い音ははっきり区別されているが、平安時代までさかのぼると、このような明確な区別はなかったと考えられる。漢語の場合は、たとえば、「塀」はていねいな発音ではヘイであるので、これをヘの長音とはみないのが普通である。また活用語の末尾、たとえば「食う」「聞いて」「美しい」を長音とみるかどうかは説が分かれる。[安田尚道]
『金田一春彦著『日本語音韻の研究』(1968・東京堂出版) ▽服部四郎著『新版 音韻論と正書法』(1979・大修館書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

長音の関連キーワードオーグメント[augmented]棒引き仮名遣いソユールガールヘクサメトロス二反長 半非排列要素長音符号アリール中世語短音程わいのモーラ江戸語拗長音棒引き開口音音韻論引き音増音程合口音

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長音の関連情報