コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べくんば ベクンバ

デジタル大辞泉の解説

べくん‐ば

[連語]べくは」の音変化。
「朝廷に仕へて交はる―、入道の悪心を軟げて、天下の安全を得せしめ給へ」〈百二十句本平家・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

べくんば

( 連語 )
〔「べくは」の転。中世以降の言い方〕
べくは(連語) 」に同じ。 「仕へて朝廷に交る-、入道の悪心を和げて、天下の安全を得しめたまへ/平家 3」 「是を忍ぶ-、孰たれをか忍ぶべからざらん/論語抄」 〔現代語でも、文語的表現として用いられることがある。「助く-、すなわち助けよ」〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

べくんばの関連キーワード望むべくんば黒河内雅子小林祥子出来得左する悪心上司連語

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

べくんばの関連情報