コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べと病(ソルガム・スーダングラス)

飼料作物病害図鑑の解説

べと病(ソルガム・スーダングラス)

日本では未発生だが、世界では最も被害の大きい最重要病害。幼苗から全身感染し、下葉から黄化して激しく矮化する。後に葉に葉脈に沿った白いストライプができるのが特徴で、白化した部分から葉が裂けていく。冷涼多湿条件下では、葉の裏に白いかびを生じるが、これは分生胞子(遊走子のう)であり、飛散してまん延する。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

べと病(ソルガム・スーダングラス)の関連キーワード褐条べと病(トウモロコシ)宿主抵抗性誘導剤電子伝達系阻害剤バラ(薔薇)植物菌類病ボルドー液植物病理学ファイゴンウイルス病ミヤルデ植物検疫ダイセンキュウリツユカビ殺菌剤ブドウ寄生菌べと病ジネブ露菌病

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android