べらつく

大辞林 第三版の解説

べらつく

( 動四 )
ぶらぶらする。のらくらする。 「犂からすきの牛と思ふな牛の尾も-・きや遅い/浄瑠璃・日本振袖始」
べらべらよくしゃべる。 「 - ・いてあきなひ上手小間物屋/雑俳・手引草」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

べら‐つ・く

[動カ四]
べらべらしゃべる。
「何―・いてゐめさる」〈浄・猿丸太夫鹿巻毫〉
ぶらぶらゆれる。
「牛の尾も―・きゃ遅い」〈浄・振袖始〉
のろのろする。手間どる。
「牛より―・く野良仕事」〈応神天皇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

べら‐つ・く

〘自カ四〙 (「つく」は接尾語)
① 軽々しくよくしゃべる。べらべらしゃべる。ぺらつく
浄瑠璃・猿丸太夫鹿巻毫(1736)二「何へらついてゐめさる」
② ぶらぶらと揺れ動く。
※浄瑠璃・日本振袖始(1718)三「からすきの、牛と思ふな牛の尾もべらつきゃおそい」
③ 布などが薄くて弱々しい感じである。安っぽい感じである。ぺらつく。
※落語・欲しい物覚帳(1896)〈四代目橘家円喬〉「糸織なんぞはべら付くし、鱅(このしろ)の背中ア見たへで往(いか)ねへ」
④ 悠長で動作が遅い。のろのろする。だらだらする。
狂歌・雅筵酔狂集(1731)恋「惜まれて山のあなたにべらつけよ人まつ宵のかこつけの月 〈略〉狂歌のべらつくとは、物をはきはきともせずだらりとするの俗言にて、へらへらともいひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android