ぼったら焼(読み)ぼったらやき

精選版 日本国語大辞典「ぼったら焼」の解説

ぼったら‐やき【ぼったら焼】

〘名〙 小麦粉を水でとき、をひいた鉄板などの上にぼったりとたらして焼いたもの。砂糖をまぜて焼いたり、焼いたものに糖蜜をつけたりした。ぼったら。ぼった焼き。
※日和下駄(1914‐15)〈永井荷風〉一「(むしろ)黙して裏町縁日にボッタラ焼(ヤキ)をやくか糝粉細工でもこねるであらう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android