ぼったら焼(読み)ぼったらやき

精選版 日本国語大辞典「ぼったら焼」の解説

ぼったら‐やき【ぼったら焼】

〘名〙 小麦粉を水でとき、油をひいた鉄板などの上にぼったりとたらして焼いたもの。砂糖をまぜて焼いたり、焼いたものに糖蜜をつけたりした。ぼったら。ぼった焼き。
※日和下駄(1914‐15)〈永井荷風〉一「寧(むしろ)黙して裏町の縁日にボッタラ焼(ヤキ)をやくか糝粉細工でもこねるであらう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android