コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糖蜜 とうみつrefinery molasses

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

糖蜜
とうみつ
refinery molasses

工程の副産物で,ショ糖を分離した残液。粗糖を製造するときできる精製糖氷砂糖をつくるときできる氷糖蜜がある。淡黄色の透明な粘稠 (ねんちゅう) の糖液で,普通,水分 20~30%,糖分 60~70%,灰分5~10%,有機非糖分は2~3%。アルコール原料か菓子ジャム原料として使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とう‐みつ〔タウ‐〕【糖蜜】

サトウキビなどを使って砂糖を製造するときに、糖液を蒸発濃縮させて結晶を分離したあとに残る茶褐色の液体。砂糖製造の際の副産物で、主としてアルコール発酵や製パン用イーストの原料、製菓材料、甘味調味料などにする。廃糖蜜モラセス
砂糖からつくった蜜。砂糖を水などに溶かし煮詰めて作る。砂糖蜜

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

糖蜜【とうみつ】

製糖工程において,原料糖液からショ糖を分離した残液。ふつう,糖液を何回もたきかえしたのち残った廃糖蜜のことをさすが,砂糖原料や製造法によって異なる固有の名称をもつ。
→関連項目砂糖サトウキビ炭団濃厚飼料

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

糖蜜

 砂糖の製造過程で繰り返し結晶化したあとに残る糖を多く含む粘度の高い液.発酵工業などで原料として用いられたり飼料に添加される.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

とうみつ【糖蜜】

砂糖みつ。⇒砂糖みつ
②さとうきびなどから砂糖を作る際の副産物で、褐色のどろりとした液体。さとうきびの生産地でしぼり汁から原料糖を作るときと、消費地の近くで原料糖を溶かした糖液から精製糖を作るときに、糖の結晶を分離したあとに残るもの。甜菜(てんさい)の場合は原料糖の段階を経ず、切って湯に浸して糖液を作り、これを結晶と糖みつに分離する。繰り返し結晶を分離したあと、原料糖から不純物をとりのぞくのに用いるほか、甘味料、うまみ調味料やラム酒・工業用アルコールの原料、パン製造用のイーストを育てる培地などにする。近年は、バイオエタノールの原料に用いられ、新たな資源としても注目されている。◇「廃糖みつ」「モラセス」ともいう。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうみつ【糖蜜 molasses】

製糖工程で,結晶析出の操作を繰り返し行った後,経済的に砂糖を回収できなくなった褐色粘稠(ねんちゆう)な最終糖液のこと。このような糖液の総称であるので,砂糖原料や製造法によって固有の名称をもっている。例えば,カンショ(甘蔗)糖工場では,1番みつ,2番みつと区別するために廃糖みつと呼ぶ。ビート糖工場では,ディスカードモラセス,さらに精製糖工場から産出する精製糖みつなどがある。 それぞれの組成については,廃糖みつの場合,固形分76~81%(ショ糖分30~40%,還元糖分20~25%,灰分10%前後)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうみつ【糖蜜】

砂糖を溶かして蜜のように煮つめたもの。シロップ。
粗糖を精糖にする過程で出る副産物。糖液を濃縮結晶させた残りの液。アルコールなどの原料とする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糖蜜
とうみつ

砂糖製造時に得られる副産物で、糖液からショ糖結晶の分離を繰り返し行ったあとの不純物を含む残液。廃糖蜜、モラセスmolassesともいう。糖蜜にはショ糖以外に無機質などが含まれ、特有の焦げ臭と茶褐色の色調をもつ。アルコールなどの発酵工業の原料、飼料、一部は駄菓子原料などに利用されている。製菓材料として、香りと色調をクッキーやケーキに加えたり、シロップとして利用することもある。[河野友美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

糖蜜の関連キーワード宝焼酎 レジェンドシトラスモラーセスメープルシロップ飛騨のかたりべ柏屋薄皮饅頭カワイモくんショ(蔗)糖祇園豆平糖JAPAN立山一万尺砂糖消費税カスドースタフィー鶏卵素麺栗かの子河野友美ざぼん漬アラック月世界三温糖

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

糖蜜の関連情報