ぼっとり者(読み)ボットリモノ

デジタル大辞泉の解説

ぼっとり‐もの【ぼっとり者】

初々しく愛らしい女性。また、ふっくらしてかわいい女性。
「花を飾るはこの家の娘、嫁入り盛りの―と」〈浄・浪花鑑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼっとりもの【ぼっとり者】

ふっくらとして愛嬌のある美人。 「李夫人といふ-の品者しなもののほめことばに/浮世草子・御前義経記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼっとり‐もの【ぼっとり者】

〘名〙 まだ世なれていないういういしく愛らしい人。また、身体のふっくらして愛敬のある若々しい人。多く、若い女にいう。ぼってりもの。ぼってりもん。
※俳諧・貝おほひ(1672)二三番「左の、ぬれかけ道者は、ぼっとりものの、しなものの、袖に時雨の、通りものとや申さん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android