コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぼろぼろの木 ボロボロノキ

デジタル大辞泉の解説

ぼろぼろ‐の‐き【ぼろぼろの木】

ボロボロノキ科の落葉小高木。山地に生え、細枝は折れやすく、冬には落ちてしまう。葉は卵形で先がとがる。春、黄色の花をつけ、実はやや楕円形。材はもろい。九州に分布。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼろぼろのき【ぼろぼろの木】

ボロボロノキ科の落葉小高木。九州の山地に生える。樹皮は黄灰色、若枝は帯紫色。枝はもろくて折れやすい。葉は卵形。春、腋生の穂状花序に黄色の小さな筒状花をつける。果実は楕円形。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ぼろぼろの木の関連キーワード穂状花序樹皮若枝

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android