コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ませんでした マセンデシタ

デジタル大辞泉の解説

ません‐でし◦た

[連語]《「ません」+丁寧の助動詞「です」の連用形+過去の助動詞「た」》丁寧な打消しの意を表す「ません」の過去表現。「昨夜は一睡もし―◦た」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ませんでした

( 連語 )
〔「ません」は丁寧の助動詞「ます」の未然形「ませ」に打ち消しの助動詞「ん」の付いたもの。「でした」は丁寧の助動詞「です」の連用形「でし」に過去の助動詞「た」の付いたもの〕
過去の事態に関する打ち消しを丁寧に言い表す。 「昨日はとうとうだれも来-・た」 「今度の大会には、病気のため参加することができ-・た」 〔近世江戸語における過去打ち消しの言い方「ませなんだ」「ましなんだ」に代わって、明治初年以降、しだいに一般に用いられるようになった言い方。明治初年には、「ませんでした」のほかに、「ませんだった」「ませんかった」などの形も用いられたが、しだいに「ませんでした」が一般化していった〕 → ませなんだましなんだ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ませんでしたの関連キーワード原田病(フォークト・小柳・原田病)眼内レンズ(人工水晶体)のしくみ県警捜査2課員2人の自殺性同一性障害と性転換手術白内障(白そこひ)毒グモによる中毒その他のキノコ類第一次長州征伐淋しい・寂しいダビング10遺伝のしくみアンビシャスませんだったませんかった岡本三右衛門メニエール病グエル公園済みません簡約日本語後白河法皇

ませんでしたの関連情報