昨夜(読み)よべ

精選版 日本国語大辞典「昨夜」の解説

よ‐べ【昨夜】

〘名〙 きのうの(よい)。ゆうべ。また、きのうの夜。昨晩。よんべ。
蜻蛉(974頃)中「童、よべのすがたながら、霜くちまじなはんとて、さわぐもいとあはれなり」

さく‐や【昨夜】

〘名〙 きのうの夜。ゆうべ。晩。昨宵。
経国集(827)一三・奉和紀朝臣公詠雪〈楊秦師〉「昨夜龍雲上、今朝鶴雪新」 〔張若虚‐春江花月夜〕

よん‐べ【昨夜】

〘名〙 ゆうべ。さくや。
※土左(935頃)承平五年一月二二日「よんべのとまりより、こととまりをおひてゆく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「昨夜」の解説

よう‐べ【昨夜】

《「よいべ(宵辺)」あるいは「よべ」の音変化という》夕方。また、昨夜さくや。ゆうべ。
「宵の程、―も―も夜離よがれしき」〈梁塵秘抄・二〉

ゆん‐べ【昨夜】

《「ゆうべ」の音変化》「ゆうべ3」に同じ。
「―はおっかなかったよ」〈有島星座

よん‐べ【昨夜】

よべ」の音変化。
「―の泊まりより、こと泊まりを追ひて行く」〈土佐

さく‐や【昨夜】

きのうの夜。昨晩。ゆうべ。
[類語]夕べ昨晩前夜先夜昨夕

よ‐べ【昨夜】

昨晩。さくや。よんべ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「昨夜」の解説

【昨夜】さくや

ゆうべ。・張若虚〔春江花月夜〕詩 昨夜(かんたん)にむ れむべし、春家にらざるを 江水春をして、去つて盡きんと欲し 江、復(ま)た西に斜めなり

字通「昨」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android