みとうもない(読み)ミトウモナイ

デジタル大辞泉の解説

みとう‐も‐な・い〔みたう‐〕

[形][文]みたうもな・し[ク]《「みたくもない」の音変化。中世・近世語》見たいとも思わない。みっともない。
「おのれがやうな―・い面の役者が」〈滑・八笑人・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

みとう‐も‐な・い みたう‥

〘形口〙 みたうもな・し 〘形ク〙 (「みたくもない」の変化した語)
① 見たくもない。見たいとも思わない。
※四河入海(17C前)二「光彩、眼にみたうもなし」
② 見た目に悪い。かっこうが悪い。体裁がよくない。みにくい。みっともない。
※応永本論語抄(1420)八佾第三「孔子灌してより後はみたうもなきと云る也」
みとうもな‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android