コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花暦八笑人 はなごよみはっしょうじん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花暦八笑人
はなごよみはっしょうじん

滑稽本滝亭鯉丈作。5編 15冊。ただし,5編上巻は一筆庵主人作,中巻と下巻は與鳳亭枝成作。文政3 (1820) ~嘉永2 (49) 年刊。気楽な江戸庶民の8人の仲間が集って,文化文政期に盛んであった茶番狂言を仕組むが,思わぬ手違いからみごとに失敗するという筋を滑稽に描いたもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はなごよみはっしょうじん〔はなごよみハツセウジン〕【花暦八笑人】

滑稽本。5編15冊。滝亭鯉丈(りゅうていりじょう)ほかの作。文政3~嘉永2年(1820~49)刊。江戸の閑人仲間八人が演じる滑稽を描いたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

花暦八笑人【はなごよみはっしょうじん】

滑稽(こっけい)本。5編15巻。4編まで(1820年―1834年刊)滝亭鯉丈作。5編(1849年刊)上巻一筆庵(渓斎英泉)作,中・下巻興鳳亭枝成作。8人の遊び仲間が四季おりおりの行楽に茶番の趣向をこらして人びとの喝采(かっさい)を集めようとするが,そのたびに失敗する滑稽を描いたもの。
→関連項目滑稽和合人七偏人滝亭鯉丈

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はなごよみはっしょうじん【花暦八笑人】

滑稽本。5編15冊。4編まで滝亭鯉丈(りゆうていりじよう)作,5編は一筆庵主人,興鳳亭枝成作。渓斎英泉歌川国直ほか画。1820‐49年(文政3‐嘉永2)刊。卒八,安波太郎など能楽者(のうらくもの)仲間8人の遊戯生活を描いた作品で,この時期最高潮に達した茶番をもって一貫した趣向としている。笑いそのものは十返舎一九式亭三馬滑稽本にくらべてはるかにあくどく低級である。なお作中人物はすべて作者および交友にモデルを求めたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はなごよみはっしょうじん【花暦八笑人】

滑稽本。五編一五冊。滝亭鯉丈ら作。1820~49年刊。八人の遊び仲間が茶番の趣向を凝らし、演ずるに当たって失敗する滑稽を描いたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花暦八笑人
はなごよみはっしょうじん

滑稽(こっけい)本。五編15冊。1820年(文政3)から49年(嘉永2)刊。初編から四編までは滝亭鯉丈(りゅうていりじょう)作、渓斎英泉(けいさいえいせん)・歌川国貞(くにさだ)画。五編上は一筆庵(いっぴつあん)主人作、歌川国芳(くによし)画、五編中・下は与鳳亭(よほうてい)枝成作、歌川芳綱画。主人公佐次郎(さじろう)を中心とする卒八(そつはち)、安波(あば)太郎、野呂松(のろまつ)、出目助(でめすけ)、頭武(ずぶ)六、呑七(どんしち)、眼七(がんしち)などののらくら連中が、花見を手始めに、次々とたてる茶番の趣向に失敗する滑稽を、あくどく低級な笑いのうちに描く。末期江戸市民の退廃的な遊戯生活に取材した末期滑稽本の代表作。[興津 要]
『興津要校注『花暦八笑人』(講談社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

花暦八笑人の関連情報