光彩(読み)こうさい

精選版 日本国語大辞典「光彩」の解説

こう‐さい クヮウ‥【光彩】

〘名〙
① 美しく輝く。鮮やかな光。
※万葉(8C後)一七・三九七三・題詞「智水仁山既韞琳瑯之光 潘江陸海自坐書之廊廟
※旅日記から(1920‐21)〈寺田寅彦〉三「強い強い熱国の光彩が輝いて居るのであった」 〔曹植‐宜男花頌〕
② きらびやかで豪華なこと。転じて、繁栄すること。
※太平記(14C後)一「驚き見る、光彩(くゎうサイ)の始めて門戸に生ることを」 〔白居易‐長恨歌〕
③ (光り輝くように)才能や物事のすぐれた面がおもてに現われること。多く「光彩を放つ」の形で用いる。
※半間園遺稿(1817)賦蛍火得斉韻「吾詩少光彩、対爾不題」
※明暗(1916)〈夏目漱石〉六一「一層派手な光彩(クヮウサイ)を放つ事が屡(しばしば)あった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「光彩」の解説

こう‐さい〔クワウ‐〕【光彩】

きらきらと輝く美しい光。
才能やすぐれた面が際立って目立つこと。「新人の品が一きわ光彩を放っている」
[類語]輝き光輝光明明かり灯火ともし火きらめき光線光耀こうよう光芒こうぼう閃光せんこうライト明るみ薄明かり月明かり星明かり雪明かり川明かり花明かり街明かり窓明かりほの明るい薄明るい余光薄明かわたれ時たそがれたそがれ時残照夕明かりおぼろ微光ほのめく薄ら日ほのぼのトワイライト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「光彩」の解説

【光彩】こう(くわう)さい

美しい色どり。魏・文帝〔芙蓉池の作〕詩 丹霞(たんか)、を挾(さしはさ)み 星、に出づ 上天、光を垂る 五色一に何ぞ鮮(あざ)やかなる

字通「光」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android