コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

むつ小川原港

デジタル大辞泉プラスの解説

むつ小川原港

青森県にある港。太平洋に面する。1977年3月設立。港湾管理者は、青森県重要港湾(1977年9月指定)。港湾区域面積は、7,172ヘクタール。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内のむつ小川原港の言及

【六ヶ所[村]】より

…〈やませ〉と呼ばれる夏の冷湿な偏東風のため農業は振るわなかったが,1955年から南西部の台地で国営の大規模機械開墾が進められ,県内有数の酪農地帯となり,県の酪農振興センターも置かれた。71年から本格化したむつ小川原開発の拠点で,尾駮(おぶち)沼,鷹架(たかほこ)沼を掘り込んでのむつ小川原港(1977年重要港湾に指定)の築港や石油備蓄基地の建設が進められている。また日本初の核燃料サイクル施設のうち92年までに国家石油備蓄基地,ウラン濃縮工場,低レベル放射性廃棄物埋設センターが完成,操業を始めている。…

※「むつ小川原港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

むつ小川原港の関連キーワード青森県上北郡六ヶ所村鷹架沼

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

むつ小川原港の関連情報