コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

めやに

食の医学館の解説

めやに

起床時などにみられるめやに(眼脂(がんし))は、目の老廃物がかたまったもので、異常ではありません。
 しかし、細菌やウイルスに感染すると、その菌を除去するために血管から白血球などがでることにより、大量の黄色いめやにがでます。
 こうしためやにがでるときは、番茶を濃く煎(せん)じて少し塩を加えた液に清潔な脱脂綿をひたし、これで目を洗うとスッキリして、めやにがひきます。
 めやにがひいても、念のため医師の治療を受けましょう。

出典 小学館食の医学館について 情報

めやにの関連キーワード細菌性結膜炎(カタル性結膜炎/化膿性結膜炎)アレルギー性結膜炎(アレルギー性鼻結膜炎)クラミジア結膜炎(トラコーマ)ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群急性出血性結膜炎(アポロ病)フリクテン性結膜炎アレルギー性結膜炎皮膚粘膜眼症候群近視・遠視・乱視目の主要な症状流行性角結膜炎眼脂(めやに)新生児涙嚢炎乾性角結膜炎眼窩蜂巣織炎新生児結膜炎目糞・目屎春季カタル急性涙嚢炎慢性涙嚢炎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

めやにの関連情報