もちちょうずる

精選版 日本国語大辞典「もちちょうずる」の解説

もち‐ちょう・ずる

〘他サ変〙 =もっちょうずる(二)
譬喩尽(1786)八「持寵(チョウ)ずる」
滑稽本浮世風呂(1809‐13)二「地獄沙汰も金次第で、人に持長(モチチャウ)じられるが面白さにとうとう大身代を潰して」
[補注]「もっちょうずる」との関連から、元来はサ変と考えられるが、「浮世風呂」の例のように未然形に「もちちょうじ」の形も見られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android