もっちょうずる

大辞林 第三版の解説

もっちょうずる

( 動サ変 ) [文] サ変 もつちよう・ず
〔「もっちょうする」とも。近世語〕
大切にする。ちやほやする。もちちょうじる。 「言葉をつくし手を下げて、-・すればつけあがり/歌舞伎・四谷怪談」
大げさになる。派手になる。 「御代参だんだん事が-・じ/柳多留拾遺」 〔活用は本来サ変であるが、未然形に「もっちょうじ」「もっちょうさ」の形も見られる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android