もの忘れ外来(読み)ものわすれがいらい

知恵蔵miniの解説

「最近、もの忘れがひどくなった」「ものをよく失くす」など「もの忘れ」の初期症状の時点で、原因を特定するための診察と検査、また治療を施す専門外来。「もの忘れ」が、認知症の障害によるものか、軽度認知障害によるものか、あるいは加齢によるもの忘れかを区別する。外来を担当する医師の多くは、日本老年精神医学会や日本認知症学会で専門医資格を取得している。そのほかにも神経内科専門医、脳神経外科専門医などでも「もの忘れ外来」を開設している。

(2017-6-28)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

もの忘れ外来の関連情報