やらぬ(読み)ヤラヌ

デジタル大辞泉の解説

やら‐ぬ

[連語]《動作が完了する意の動詞「や(遣)る」+打消しの助動詞「ず」の連体形「ぬ」》動詞の連用形に付いて、その動作が終わっていない意を表し、次の名詞を修飾する。まだ…しきらない。多く、文語的慣用表現に用いる。「晴れやらぬ空」「覚めやらぬ夢」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やらぬ

連語
動詞やる(遣)の未然形やらに打ち消しの助動詞の連体形の付いたもの
(次に来る名詞を修飾する形で)動詞の連用形に付いて、その動作が完全には終わっていない意を表す。 明け-空 消え-雪 現代語では、主として書き言葉において慣用的な表現として用いる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やら‐ぬ

連語〙 (動詞「やる(遣)」の補助動詞用法のものに打消の助動詞「ず」の付いた「やらず」の連体用法が、現代語に残存したもの) 動詞の連用形に付いて、その動作が終わっていない意を表わし、次の名詞を修飾する。文語的な慣用表現に用いる。「晴れやらぬ空」「消えやらぬ雪」など。
※亀甲鶴(1896)〈小栗風葉〉二「日蔭に解けやらぬ薄氷は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やらぬの関連情報