やわら

精選版 日本国語大辞典「やわら」の解説

やわら やはら

〙 静かに動いたり、徐々に事を行なったりするさまを表わす語。おもむろに。やおら。
※青表紙一本源氏(1001‐14頃)薄雲「心つきなうぞおもほしなりぬる。やはらづつ引きいりぬるけしきなれば」
今昔(1120頃か)五「女共の昼寝したる程に、和ら起て所々を見るに」
[語誌](1)「今昔」に「和ら」と書かれた例がいくつか見えることなどから、「やわら()」と同源の語と考えて、通常、歴史的かなづかいは「やはら」とするが、「やおら」と同源の語とも考えられる。
(2)一一世紀中期以後日常語として勢力を得、文章語の「やをら」と対立しながら近世前期頃まで盛んに用いられたが、一七~一八世紀頃からは衰退して、「やをら」が勢力を得るようになり、現代に至っている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「やわら」の解説

やわら〔やはら〕

[副]静かに。そっと。徐々に。やおら。
「―たち退かせ給ひにけり」〈大鏡・道長上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android