コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やわら ヤワラ

デジタル大辞泉の解説

やわら〔やはら〕

[副]静かに。そっと。徐々に。やおら。
「―たち退かせ給ひにけり」〈大鏡・道長上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やわら

( 副 )
そっと。静かに。そろそろと。 「火のほのぐらき方に向かつて、-此の刀を抜き出だし/平家 1」 〔歴史的仮名遣いは、一般にこの語を「柔らか」などと同源とみて、「やはら」とする。しかし、「やをら」の転じた形ともみられ、その場合には歴史的仮名遣いが「やわら」となる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

やわらの関連キーワード笠原四郎左衛門バーンクリーナ小栗仁右衛門やわらやわら寺田平左衛門ソーダパルプ木之山五寸能登白ねぎ褥草・蓐草北竜[町]大和きくな中川佐平金谷総蔵筑波未来仮名遣いなよよかふっくら飼葉切り富田常雄新井豊美

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やわらの関連情報