やわら(読み)ヤワラ

デジタル大辞泉の解説

やわら〔やはら〕

[副]静かに。そっと。徐々に。やおら。
「―たち退かせ給ひにけり」〈大鏡・道長上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やわら

そっと。静かに。そろそろと。 火のほのぐらき方に向かつて、-此の刀を抜き出だし/平家 1 歴史的仮名遣いは、一般にこの語を柔らかなどと同源とみて、やはらとする。しかし、やをらの転じた形ともみられ、その場合には歴史的仮名遣いがやわらとなる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やわら やはら

〙 静かに動いたり、徐々に事を行なったりするさまを表わす語。おもむろに。やおら。
※青表紙一本源氏(1001‐14頃)薄雲「心つきなうぞおもほしなりぬる。やはらづつ引きいりぬるけしきなれば」
今昔(1120頃か)五「女共の昼寝したる程に、和ら起て所々を見るに」
[語誌](1)「今昔」に「和ら」と書かれた例がいくつか見えることなどから、「やわら()」と同源の語と考えて、通常、歴史的かなづかいは「やはら」とするが、「やおら」と同源の語とも考えられる。
(2)一一世紀中期以後日常語として勢力を得、文章語の「やをら」と対立しながら近世前期頃まで盛んに用いられたが、一七~一八世紀頃からは衰退して、「やをら」が勢力を得るようになり、現代に至っている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やわらの関連情報