コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

よき愛の書 よきあいのしょ El libro de buen amor

1件 の用語解説(よき愛の書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

よき愛の書
よきあいのしょ
El libro de buen amor

スペインの詩人フアン・ルイスの物語詩集。 1330年頃成立。 1728連の詩句から成り,ラテン,フランスイタリアなどの寓話の改作,聖母への賛歌など雑多な要素をもつ。作品の中心は,自堕落な恋愛遍歴を語った自伝体の物語にあり,社会の底辺に生きる人物像を写実的に描いて,のちの『セレスティーナ』,悪者小説などの先駆的作品とされ,中世スペイン文学最大の傑作とみなされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よき愛の書の関連キーワードサンフアンジプシー歌集心の歴史叙情詩集スペイン伝奇集ブエノスアイレスの熱狂ポリフェモとガラテアの神話楽園の影組曲「スペイン」スペインの歌

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone