コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

よき愛の書 よきあいのしょEl libro de buen amor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

よき愛の書
よきあいのしょ
El libro de buen amor

スペインの詩人フアン・ルイスの物語詩集。 1330年頃成立。 1728連の詩句から成り,ラテン,フランス,イタリアなどの寓話の改作,聖母への賛歌など雑多な要素をもつ。作品の中心は,自堕落な恋愛遍歴を語った自伝体の物語にあり,社会の底辺に生きる人物像を写実的に描いて,のちの『セレスティーナ』,悪者小説などの先駆的作品とされ,中世スペイン文学最大の傑作とみなされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android