よんやさ(読み)ヨンヤサ

デジタル大辞泉の解説

よんや‐さ

[感]
ある動作にかかったり、力仕事をしたりするときのかけ声。
歌謡の囃子詞(はやしことば)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

よんや‐さ

〘感動〙
① ある動作をしたり拍子をとったりする際の掛け声。
※歌舞伎・暫(日本古典全書所収)(1714)「『よんやさ』ト鳴物打上げる」
② 歌謡のはやしことば。
※常磐津・一樹蔭雪(山鳥)(1820)「五三の桐もから紙の、引手はなれぬ約束の、きしゃうの筆もかはらじとヨイヨイヨイヨイヨンヤサ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android