コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引(き)手 ヒキテ

2件 の用語解説(引(き)手の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひき‐て【引(き)手】

障子・戸・引き出しなどの開閉の際、手をかけるために取り付けた金具や紐(ひも)。
引っ張る人。物を引く人。
手引きする人。案内する人。
引き手茶屋」の略。

ひき‐で【引(き)手】

弓術で右手のこと。めて。⇔押し手

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の引(き)手の言及

【轡】より

…馬を使う上で最も重要なものである。馬の口中に入る部分を銜(はみ),銜の両端につけて轡を面繫(おもがい)につなぐ部分を鏡板(かがみいた),銜の両端に組み合わせて手綱を結びとめる棒状の部分を引手(ひつて)という。騎乗者や御者はこの手綱を通じて馬を制御する。…

※「引(き)手」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

引(き)手の関連キーワード開閉器木契引き出づ引き出小引出し掃出し引き出だす引障子引出し引窓

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone