コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

らる ラル

デジタル大辞泉の解説

らる[助動]

[助動][られ|られ|らる|らるる|らるれ|られよ]上一段・上二段・下一段・下二段・カ変・サ変動詞および使役の助動詞「す」「さす」の未然形に付く。
受け身の意を表す。…られる。
「大きにはあらぬ殿上童(てんじゃうわらは)の、さうぞきたてられてありくもうつくし」〈・一五一〉
可能の意を表す。…することができる。
「変りゆくかたちありさま、目もあてられぬこと多かり」〈方丈記
自発の意を表す。自然に…となる。つい…られてくる。
「昔物語を聞きても…人も、今見る人の中に思ひよそへらるるは、誰もかく覚ゆるにや」〈徒然・七一〉
軽い尊敬の意を表す。…られる。…なさる。→らゆ
「四十の賀、九条の家にてせられける日」〈伊勢・九七〉
[補説]奈良時代では、「らゆ」が用いられた。「らる」は平安時代になって発達し、江戸時代まで広く用いられた。2は鎌倉時代ごろまで、多く打消しの語を伴って用いられ、不可能の意を表す。なお、23の用法には命令形がない。口語形「られる」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らる

( 助動 ) ( られ ・られ ・らる ・らるる ・らるれ ・られよ )
自発・受け身・可能・尊敬の助動詞。下二段型活用。ただし、自発・可能の意を表す場合には、命令形は用いられない。上一段・下一段・上二段・下二段・カ行変格・サ行変格活用の動詞、および使役の助動詞「す」「さす」の未然形に付く。
自発の意、ある動作が自然に、また無意識的に実現してしまう意を表す。 「来し方行くさきおぼし続けられて/源氏 賢木」 「住みなれしふるさと、かぎりなく思ひ出でらる/更級」 「さやうの所にてこそよろづに心づかひせらるれ/徒然 15
受け身の意、他から何らかの動作・作用の影響を受ける意を表す。 「そこらの人々の害せられなむとしけり/竹取」 「ありがたきもの、舅しゆうとにほめらるる婿/枕草子 75」 「問ひつめられて、え答へずなり侍りつ/徒然 243
可能の意、ある動作をすることができる意を表す。古くは、打ち消しの語を伴って、不可能の意を表すのに多く用いられた。 「手も触れで月日経にける白まゆみ起き伏し夜は眠こそ寝られね/古今 恋二」 「いで、いと興あることいふ老者ろうざたちかな。さらにこそ信ぜられね/大鏡 」 「起きあがらんとすれども、なじかは起きらるべき/盛衰記 33
尊敬の意を表す。他人の動作を表す語に付いて、動作者に対する敬意を表す。もともと敬意を含んでいる動詞に付くことが多い。 「乳母かへてむ。いとうしろめたし、と仰せらるれば/枕草子 9」 「御坪のうちに引き出だされて、重盛が首こうべのはねられんことは、安いほどの事でこそ候へ/平家 2」 「負けたらん人は供御くごをまうけらるべし/徒然 135」 〔 (1) 「る」と意味・用法は同じであるが、未然形がア段となる動詞には「る」が付き、それ以外の場合には「らる」が付くというように、接続のしかたに分担がある。 (2) 上代では、「らゆ」の語が用いられ、「らる」の形はまだ見られない。「らる」は中古以降に用いられるようになる。 (3) 中世には連体形「らるる」が終止法として用いられるようになり、命令形には「られい」が現れるが、やがて一段活用化して「られる」となり、現代にまで及ぶ〕 → られる(助動)らゆ(助動)る(助動)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

らるの関連キーワード惚け惚けし・呆け呆けしセラミックフィルター飛鳥尽きて良弓蔵るアイアン・クロー有らっしゃるペニシラミン有らつしやる編目・篇目御覧じゃる狡兎・狡兔御覧ぜらる取引報告書おしゃる奈良時代平安時代標準草案召し放す平山敬忠閉ぢめ助動詞

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

らるの関連情報