コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

らる ラル

2件 の用語解説(らるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

らる[助動]

[助動][られ|られ|らる|らるる|らるれ|られよ]上一段・上二段・下一段・下二段・カ変・サ変動詞および使役の助動詞「す」「さす」の未然形に付く。
受け身の意を表す。…られる。
「大きにはあらぬ殿上童(てんじゃうわらは)の、さうぞきたてられてありくもうつくし」〈・一五一〉
可能の意を表す。…することができる。
「変りゆくかたちありさま、目もあてられぬこと多かり」〈方丈記
自発の意を表す。自然に…となる。つい…られてくる。
「昔物語を聞きても…人も、今見る人の中に思ひよそへらるるは、誰もかく覚ゆるにや」〈徒然・七一〉
軽い尊敬の意を表す。…られる。…なさる。→らゆ
「四十の賀、九条の家にてせられける日」〈伊勢・九七〉
[補説]奈良時代では、「らゆ」が用いられた。「らる」は平安時代になって発達し、江戸時代まで広く用いられた。2は鎌倉時代ごろまで、多く打消しの語を伴って用いられ、不可能の意を表す。なお、23の用法には命令形がない。口語形「られる」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

らる

( 助動 ) ( られ ・られ ・らる ・らるる ・らるれ ・られよ )
自発・受け身・可能・尊敬の助動詞。下二段型活用。ただし、自発・可能の意を表す場合には、命令形は用いられない。上一段・下一段・上二段・下二段・カ行変格・サ行変格活用の動詞、および使役の助動詞「す」「さす」の未然形に付く。
自発の意、ある動作が自然に、また無意識的に実現してしまう意を表す。 「来し方行くさきおぼし続けられて/源氏 賢木」 「住みなれしふるさと、かぎりなく思ひ出でらる/更級」 「さやうの所にてこそよろづに心づかひせらるれ/徒然 15
受け身の意、他から何らかの動作・作用の影響を受ける意を表す。 「そこらの人々の害せられなむとしけり/竹取」 「ありがたきもの、舅しゆうとにほめらるる婿/枕草子 75」 「問ひつめられて、え答へずなり侍りつ/徒然 243
可能の意、ある動作をすることができる意を表す。古くは、打ち消しの語を伴って、不可能の意を表すのに多く用いられた。 「手も触れで月日経にける白まゆみ起き伏し夜は眠こそ寝られね/古今 恋二」 「いで、いと興あることいふ老者ろうざたちかな。さらにこそ信ぜられね/大鏡 」 「起きあがらんとすれども、なじかは起きらるべき/盛衰記 33
尊敬の意を表す。他人の動作を表す語に付いて、動作者に対する敬意を表す。もともと敬意を含んでいる動詞に付くことが多い。 「乳母かへてむ。いとうしろめたし、と仰せらるれば/枕草子 9」 「御坪のうちに引き出だされて、重盛が首こうべのはねられんことは、安いほどの事でこそ候へ/平家 2」 「負けたらん人は供御くごをまうけらるべし/徒然 135」 〔 (1) 「る」と意味・用法は同じであるが、未然形がア段となる動詞には「る」が付き、それ以外の場合には「らる」が付くというように、接続のしかたに分担がある。 (2) 上代では、「らゆ」の語が用いられ、「らる」の形はまだ見られない。「らる」は中古以降に用いられるようになる。 (3) 中世には連体形「らるる」が終止法として用いられるようになり、命令形には「られい」が現れるが、やがて一段活用化して「られる」となり、現代にまで及ぶ〕 → られる(助動)らゆ(助動)る(助動)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らるの関連キーワードさるらゆられるさしゃ・るまぬらるら行

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

らるの関連情報