コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

をだに をだに

1件 の用語解説(をだにの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

をだに

( 連語 )
〔格助詞「を」に副助詞「だに」の付いたもの〕
一つのことを挙げて、それが最低の限度であることを表す。せめて…だけでも。せめて…をなりと。 「ここにも心にもあらでかくまかるに、昇らむ-見送り給へ/竹取」 「今一階ひときざみの位-と贈らせ給ふなりけり/源氏 桐壺
(打ち消しの文の中にあって)程度の軽いものを挙げ、他にそれより重いものがあることを言外に表す。(せめて…をなりとと思うのに)…さえも…しない。 「一といふ文字-書きわたし侍らず、いとてづつにあさましく侍り/紫式部日記」 「水-咽喉のどへ入れたまはず/平家 6

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

をだにの関連情報