コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

をだに をだに

大辞林 第三版の解説

をだに

( 連語 )
〔格助詞「を」に副助詞「だに」の付いたもの〕
一つのことを挙げて、それが最低の限度であることを表す。せめて…だけでも。せめて…をなりと。 「ここにも心にもあらでかくまかるに、昇らむ-見送り給へ/竹取」 「今一階ひときざみの位-と贈らせ給ふなりけり/源氏 桐壺
(打ち消しの文の中にあって)程度の軽いものを挙げ、他にそれより重いものがあることを言外に表す。(せめて…をなりとと思うのに)…さえも…しない。 「一といふ文字-書きわたし侍らず、いとてづつにあさましく侍り/紫式部日記」 「水-咽喉のどへ入れたまはず/平家 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

をだにの関連キーワード如何に況んや一指を染める十文字に履む落としあぶす念じ過ぐす打ち絶えて叱ふ・叱ふあいな頼み沙汰の限り生ける限り思うはかり其の日過ぎ心を取る暗れ惑ふ塞き侘ぶ添ひ臥す離れ離れ肝向かふ忘るる草檜隈川

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android