アアー(英語表記)Aah

翻訳|aah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アアー
Aah

エジプト神話における月神。古代の月神の種々の形態のうちの一つで,ほかにトート,コンスオシリスも同じく月神とみなされる。狩猟者や農耕民によって,生命を生み出すもの,およびその守護者として崇拝された。大母神アペト Apetの息子とも,またアペトが水神として,原初の深淵から生れた「天空上の水」であるヌト Nutと同一視されるため,ヌトから生れたとも考えられた。イヌの頭やフクロウの顔をもつとされ,また片目が太陽である偉大なタカの左目ともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android