コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイコール ichor

翻訳|ichor

岩石学辞典の解説

アイコール

揮発性成分に富む花崗岩の分泌物あるいは流動相で,岩石の中に浸透して花崗岩化作用やミグマタイト化作用を起こす能力があると考えられたもの[Sederholm : 1926].ゼーダーホルムはミグマタイト化作用を起こす流体としてアイコールを考え花崗岩の近くから発散したものとしたが,ホルムキストはミグマタイト化の流体は花崗岩からではなく,周囲の母岩からきたものと考えた[Holmquist : 1921].この時点ではアイコールというあいまいな語が使用されたが,実体が不明で,これらの物質の記述は単なる推測であり,これらに関する実験事実は非常に少なかった.その後研究の進展とともに次第に揮発性成分や元素の拡散などのように明確な物質や機構が考えられるようになった.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android