コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイリンク i.LINK

3件 の用語解説(アイリンクの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

アイリンク【i.LINK】

IEEE1394

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

アイリンク

ソニーが「IEEE 1394(アイトリプルイーいちさんきゅうよん)」に付けたブランド名。◇欧文表記は「i.LINK」。アップルの「FireWire(ファイヤーワイヤー)」も同規格。⇒IEEE 1394DV端子

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

アイリンク

正式社名「株式会社アイリンク」。英文社名「iLINK inc.」。小売業。平成12年(2000)「有限会社アイリンク」設立。同15年(2003)株式会社化。本社は仙台市青葉区一番町通信販売事業者。祖業はソフトウェア開発会社。オンラインショップ構築を手がける。現在はインターネットを通じた産地直送型通販で牡蠣かきいちごを販売。東日本大震災(2011)後は三陸牡蠣復興支援事業として「復興かきオーナー制度」を運営。養殖資材販売、飲食店経営も行う。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイリンクの関連キーワードマリモアイケイアイ・テックアイレックスアイエイアイアイオー精密アイシーエスアイピー21AiHOエアーリンク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アイリンクの関連情報