アインシュタインの光電効果の法則(英語表記)Einstein's law of photoelectricity

法則の辞典の解説

アインシュタインの光電効果の法則【Einstein's law of photoelectricity】

アインシュタインの光電効果の式と呼ばれることも多い.光電効果*はヘルツによって発見されたものであるが,その機構はなかなか判明しなかった.光が粒子性をもつというアインシュタイン光量子仮説によってはじめて解明されたといえる.固体表面から放出される光電子のエネルギー

Ehν-W

の形で表される.ここで ν は入射光の振動数,W は仕事関数と呼ばれる量で,固体から電子を引き抜くのに必要なエネルギーである.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android