アインシュタイン宇宙(読み)アインシュタインウチュウ

大辞林 第三版の解説

アインシュタインうちゅう【アインシュタイン宇宙】

物質および放射の分布が一様であると仮定し、一般相対性理論に基づいてアインシュタインが導いた宇宙の模型の一。これによれば、宇宙は空間的には三次元の球状の限界をもち、時間に無関係な正の曲率をもつ静的宇宙である。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アインシュタイン‐うちゅう ‥ウチウ【アインシュタイン宇宙】

〘名〙 アインシュタイン(一)が、相対性理論によって考えた宇宙のモデル。半径が変わらず星雲の分布密度も一定な宇宙。半径は約一〇億光年、質量は太陽の一〇の二二乗倍とされる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android