コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイールとテネレの自然保護区 アイールトテネレノシゼンホゴク

1件 の用語解説(アイールとテネレの自然保護区の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アイール‐と‐テネレ‐の‐しぜんほごく【アイールとテネレの自然保護区】

Réserves naturelles de l'Aïr et du Ténéréニジェール中部の自然保護区。サハラ砂漠南部のアイール山地テネレ砂漠にまたがる。ダマガゼルパタスモンキーをはじめとする絶滅危惧種を含むさまざまな野生動物が確認されており、また山中の岩盤には多くの岩絵が残る。1991年に世界遺産自然遺産)に登録されたが、保護区内に住む遊牧民族トゥアレグ族が独立を求めたことから内戦の舞台となり、1992年、危機遺産リストに登録された。アイルテネレの自然保護区。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイールとテネレの自然保護区の関連キーワードアダンソンルナール《Familles naturelles des plantes》《Histoires naturelles》

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone