コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイ・ハヌム Ai Khanum

1件 の用語解説(アイ・ハヌムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アイ・ハヌム【Ai Khanum】

アフガニスタン北東のアム・ダリヤとコクチャ川との合流点の河岸台地にある,前3~前1世紀のバクトリアの都市遺跡。1964‐79年にベルナールP.Bernardが発掘。東に丘陵,西・南が川に守られ,北に二重の濠をもち,突角堡つきの市壁があり,1門を開く。東の丘陵沿いに市門からコクチャ河岸まで約2kmの目抜通りが走り,通りの西に王宮をはじめとする行政区,居住区,墓廟,神殿,ギムナシオン(体育・知育場)があり,通りの東斜面に円形劇場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアイ・ハヌムの言及

【バクトリア王国】より

…なお,バクトリアBaktriaとはヒンドゥークシュ山脈からアム・ダリヤ中流域にかけての地域を指す歴史的呼称で,この地は前4世紀末アレクサンドロス大王の攻略をうけ,大王の死後はセレウコス朝の支配下に置かれた。従来,美しいギリシア・バクトリア銀貨を除き,王国の存在を示す遺物は見つからなかったが,1964年以来,バルフの東方約300km,コクチャ川とアム・ダリヤ合流点のアイ・ハヌム遺跡において真正のギリシア人都市が発見され,フランス考古学者の手で神殿,墓廟,円形劇場,彫刻,碑文などが発掘されて,不明の歴史に新しい光を投げかけている。アイ・ハヌムはバクトリア王国の副都か,東方の重要都市であったにちがいない。…

※「アイ・ハヌム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アイ・ハヌムの関連キーワード中近東ヘラートムルタンアフガンアフガンハウンドアフガン侵攻アフガン・ハウンドアフガニスタン戦争アフガニスタンでの戦い9・11とアフガニスタン

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アイ・ハヌムの関連情報