アイ・ハヌム(英語表記)Ai Khanum

世界大百科事典 第2版の解説

アイ・ハヌム【Ai Khanum】

アフガニスタン北東のアム・ダリヤとコクチャ川との合流点の河岸台地にある,前3~前1世紀のバクトリアの都市遺跡。1964‐79年にベルナールP.Bernardが発掘。東に丘陵,西・南が川に守られ,北に二重の濠をもち,突角堡つきの市壁があり,1門を開く。東の丘陵沿いに市門からコクチャ河岸まで約2kmの目抜通りが走り,通りの西に王宮をはじめとする行政区,居住区,墓廟,神殿,ギムナシオン(体育・知育場)があり,通りの東斜面に円形劇場がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアイ・ハヌムの言及

【バクトリア王国】より

…なお,バクトリアBaktriaとはヒンドゥークシュ山脈からアム・ダリヤ中流域にかけての地域を指す歴史的呼称で,この地は前4世紀末アレクサンドロス大王の攻略をうけ,大王の死後はセレウコス朝の支配下に置かれた。従来,美しいギリシア・バクトリア銀貨を除き,王国の存在を示す遺物は見つからなかったが,1964年以来,バルフの東方約300km,コクチャ川とアム・ダリヤ合流点のアイ・ハヌム遺跡において真正のギリシア人都市が発見され,フランス考古学者の手で神殿,墓廟,円形劇場,彫刻,碑文などが発掘されて,不明の歴史に新しい光を投げかけている。アイ・ハヌムはバクトリア王国の副都か,東方の重要都市であったにちがいない。…

※「アイ・ハヌム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android