バクトリア(英語表記)Bactria

翻訳|Bactria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バクトリア
Bactria

アムダリアの中・上流地方をさす古代の名称。現在のウズベキスタンおよびタジキスタンの南部とアフガニスタンの北部を占める。北はソグディアナ,南と南東はアラコシアおよびガンダーラ,西はマルギアナと接する。古くから中央アジアにおける先進地帯の一つで,アケメネス朝ペルシアの碑文や『アベスタ』などにその名がみえる。前6~4世紀にアケメネス朝に占領され,次いでアレクサンドロス3世 (大王) の国土に入った。アレクサンドロスの死後,その部将によってグレコ=バクトリア王国 (前 250頃~140/130) が興ったが,トハラ,その他の遊牧民の侵入によって滅ぼされた。このことから,以後トハリスタンと呼ばれるようになった。その後まもなく,この地方の一部を根拠としてクシャン朝が興った。北部はロシアの学者,南部はフランスの学者によって考古学的調査が進められ (最近は日本の学者も加わっている) ,都市,宮殿,寺院,城塞が発掘され,古代文化が明らかにされた。中国史料にみえる大夏とはこの地方のことであるともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バクトリア(Bactria)

中央アジアのヒンズークシ山脈アムダリア上流の中間地帯の古名。
に建てられた王国。前255年ごろ、ギリシャ人の大守ディオドトスが、シリア王国から独立して建国。都はバルフ。その支配はインダス河畔にまで及んだが、前139年、スキタイの一部族トハラの進出によって滅ぼされた。ギリシャ‐バクトリア王国

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

バクトリア【Bactria】

紀元前255年頃、古代ギリシャ人が中央アジアのアムダリア上流のバルフを中心にシリアから独立し建てた王国。北西インドにも発展してギリシャ文化を移植し、のちのガンダーラ美術を生む母胎をつくった。紀元前150年頃北方から侵入した騎馬民族スキタイ系トハラ人に滅ぼされた。 → 大夏

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バクトリア
ばくとりあ
Bactria

現在のアフガニスタン北部、ウズベキスタン、タジキスタンなどからなる古代地方名。オクサス川(アムダリヤ)中流域の肥沃(ひよく)な谷間を含む。中国、インド、西方を結ぶ内陸交易路の結接点にあたる。バクトリア(ギリシア語)の名の起源はオクサス川支流バクトロス川にあったが、古イラン語名はザリアスパ、中国史料では大夏(たいか)。首都バクトラはアレクサンドロス大王の名をいただき、アレクサンドリアともよばれたが、後世にはバルフといわれる。古くはこの地に預言者ゾロアスターが生まれたと伝えられ、アケメネス朝ペルシア帝国時代にはサトラピ(属領)をなし、そこを通じてシベリアの金が流入したらしい。アレクサンドロス大王に対しては最後まで抵抗した(前328)。その地の支配を継承したセレウコス1世は大王に倣って土地の貴族出身の女性アパマと結婚したが、その後ディオドトスという有力者が反乱し、ギリシア人、インド人、イラン人などの混在する独立王国バクトリアを興した。王朝の富の源泉は農業とインド交易にあった。約40人の王が知られるが、エウテュデモス1世・デメトリオス1世父子の治世(前235~前185)がもっとも繁栄し、一時領土はアフガニスタン、旧ソ連領中央アジア、パキスタンなどをも含んだ。紀元前2世紀末になると、北方遊牧民の月氏がオクサス川を越えて侵入した。その一部はクシャン(貴霜)人であったが、彼らは紀元1年ごろクジュラ・カドフィセス(丘就郤(きゅうしゅうげき))の下にここに王朝を築いた。そのころ中国との交易路が確立し、張騫(ちょうけん)などの使節が到来した。クシャン朝は2世紀前半のカニシカ王のときもっとも繁栄したが、3世紀中葉には衰退した。カニシカ王の首都はプルシャプラ(現ペシャワール)にあり、彼はインド東部のパータリプトラまでを領有した。すでに前2世紀に当地に仏教が知られたが、カニシカ時代にはガンダーラ式仏教美術が成立し、仏典の結集が行われた。バクトリアではギリシア、イラン、インドの諸文化が融合した。[小川英雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

バクトリア

(Bactria)
[一] 中央アジア、ヒンズークシ山脈とアム川にはさまれた地域の古名。
[二] (一)に建てられた王国(前二五五‐前一三九)。アレクサンドロス大王の征服、セレウコス朝の支配を経て、大守ディオドトスがバクトラ(バルフ)を中心に建国。スキタイ系のトハラ族の進出によって滅びた。中国史上の大夏に比定する説もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のバクトリアの言及

【バクトリア王国】より

…前250年ころバクトリア太守ディオドトスDiodotosが,セレウコス朝の支配から独立,建国したギリシア人王国。首都は現在のアフガニスタン北部のバルフ(古称バクトラBaktra)にあった。…

※「バクトリア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バクトリアの関連情報