コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウレオラ aureola; halo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アウレオラ
aureola; halo

絵画用語。光輪光背の一種。古代東方美術において用いられ,キリスト教美術に導入された。聖者図像において頭部もしくは全身を包む輪光。一般的にはニンブス同義に用いられるが,厳密には復活のキリストを包む円形の光輪をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android