コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウレオラ アウレオラaureola; halo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アウレオラ
aureola; halo

絵画用語。光輪光背の一種。古代東方美術において用いられ,キリスト教美術に導入された。聖者図像において頭部もしくは全身を包む輪光。一般的にはニンブス同義に用いられるが,厳密には復活のキリストを包む円形の光輪をさす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android