コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカガヤ アカガヤAglaophenia suensoni

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカガヤ
Aglaophenia suensoni

刺胞動物門ヒドロ虫綱レプトテカータ目アカガヤ科。岩石上に付着した 1本の幹から小枝を左右交互に出して,高さ 4cmほどの羽状の群体をつくる。群体は黄褐色で,小枝の上側にはコップ状のヒドロ莢がびっしりと並んでおり,ヒドロ莢の縁には小さな歯(刺莢)が 3個ずつある。生殖体は,十数本の小枝が変形してできた大きなかご状のものの中に完全に包み込まれている。本州中部以南の沿岸の水深数mの海底に産する。(→刺胞動物ヒドロ虫類無脊椎動物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アカガヤ【Aglaophenia suensoni】

ヒドロ虫綱ハネガヤ科の腔腸動物(刺胞動物)で羽状の黄褐色の群体をつくる。本州中部以南に分布し,水深数mほどの岩の上に付着する。高さ4cmほどの幹から小枝を左右交互にだし,全体が羽状になる。小枝の上には小さなコップ状のヒドロ莢(きよう)がたくさん並んでいて,その中にそれぞれ1個のポリプが入って生活している。各ヒドロ莢には3個の刺莢がくっついている。十数本の小枝が変形してできたかご(コルビュラcorbula)の中に生殖体を包みこんでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アカガヤの関連キーワードカヤ(海産動物)