コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカコロブス red colobus

世界大百科事典 第2版の解説

アカコロブス【red colobus】

霊長目オナガザル科の1種で,長い尾をもった赤毛中型旧世界ザル(イラスト)。十数亜種が知られている。アフリカの中央部を中心にして,ザンジバル島東アフリカから西アフリカガンビアまで広く分布し,熱帯降雨林,沼沢林,川辺林に生息する。樹上生活者であるが,地上に降りることもある。頭胴長は約60cm,尾長は約65cm,体重は約10kg。体色赤褐色から鮮やかなオレンジ色,黄褐色のものまで変異に富む。背側が黒っぽい亜種もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアカコロブスの言及

【コロブスモンキー】より

…【黒田 末寿】。。…

【コロブスモンキー】より

…赤ん坊の体毛は純白で,成長すると黒くなる。アカコロブスC.badius(イラスト)は,クロシロコロブスよりやや小さく赤褐色から黄褐色の体毛をもつが,これも変異が著しい。森林地帯に広く生息する。…

※「アカコロブス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アカコロブスの関連キーワードタイ国立公園コロブスサル