コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱帯降雨林 ネッタイコウウリン

デジタル大辞泉の解説

ねったい‐こううりん〔‐カウウリン〕【熱帯降雨林】

熱帯雨林気候の地域にある森常緑広葉樹を主とし、特定の優占種をもたない。蔓(つる)植物着生植物も多く、林内は暗く湿度が高い。全生物種の半分が生息するといわれ、また、植物遺体の分解が速いため肥沃な土壌層の発達が悪く、伐採されると回復が難しい。熱帯多雨林熱帯雨林

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

熱帯降雨林の関連キーワードボウシインコ(帽子鸚哥)モンテベルデ自然保護区フタバガキ(双葉柿)ピグミーチンパンジーつる植物(蔓植物)ミツオシエ(蜜教)リスザル(栗鼠猿)ウーリーモンキーティティモンキースマトラウサギヨウム(洋鵡)コンゴウインコテラ・フィルメオランウータンヒヒ(狒々)亜熱帯降雨林バントゥー族アカコロブスアリサザイケラインコ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android