コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキレス腱周囲炎 アキレスけんしゅういえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アキレス腱周囲炎
アキレスけんしゅういえん

ジョギング愛好家などに見られる症状で,症状が重くなるとアキレス腱の上にギシギシという音 (握雪音) が認められることもある。ふくらはぎの筋肉はアキレス腱に連なり,踵骨 (しゅこつ) についており,歩行の際は,この筋肉が縮むことによりアキレス腱がかかとを引き上げ,前足部が地面を蹴る。このときアキレス腱には大きな力がかかり,またスライド量も大きいため,酷使すると炎症を起こしやすい。治療としては水溶性ステロイド剤を局所麻酔剤等で薄めて局所に浸潤させるのが最も有効であるが,腱を弱くする副作用もあり,適用は1,2度が限度とされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android