アクセスチャージ(読み)あくせすちゃーじ

デジタル大辞泉の解説

アクセス‐チャージ(access charge)

電話やインターネットなど、通信回線接続料。相互接続料金。電気通信事業において、NTTなど市内通信事業者の回線に、新規参入の市外通信事業者の回線が接続されるとき、市外通信事業者から市内通信事業者に支払われる接続料などをいう。また一般利用者が、インターネット接続サービスに対して支払う利用料金のことも指す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

アクセスチャージ【access charge】

通信回線やコンピューターネットワークの接続料金。加入会社が異なる携帯電話と通話する際に通信事業者間で支払われたり、インターネット接続サービスを利用する際の対価として支払われたりするものがある。◇「接続料」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

アクセスチャージ【access charge】

電気通信事業者が他の電気通信事業者のネットワークに接続して利用する場合に支払う料金。事業者間接続料金。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アクセス‐チャージ

〘名〙 (access charge) 電話などの回線接続料。相互接続料金。電気通信事業において、市内通信事業者(たとえばNTT)の回線に、新規参入の市外通信事業者の回線が接続されるとき、市外通信事業者から市内通信事業者に支払われる接続料などをいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報