アクチュアリティ(英語表記)actuality

翻訳|actuality

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクチュアリティ
actuality

現実性,今日性などと訳すことが多い。この語が注目されたのは,1961年に評論家平野謙が「純文学=私小説」とする従来の観念に対して,松本清張などの中間小説に見られる社会的アクチュアリティを評価し,「小説アクチュアリティ説」を唱えたことによる。これを契機に「純文学論争」が起こったが,それはその後の大衆社会化状況の中に飲み込まれていく純文学の命運を象徴することになったということができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android