アクチュエーター(読み)あくちゅえーた

ASCII.jpデジタル用語辞典「アクチュエーター」の解説

アクチュエーター

「actuate」は「働かせる」、「作動させる」という意味で、一般には、移動したり調整したりすることで、デバイスをオン/オフする機構を指してこう呼ぶ。コンピューター関連では、ハードディスクにおいて、磁気ヘッドプラッターの内周/外周に移動するための部品をアクチュエーターと呼んでいる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵「アクチュエーター」の解説

アクチュエーター

駆動装置。ロボットではセンサープロセッサーによって決定された行動計画を実行するために用いられる。現在は電動モーター(サーボモーターなど)、油圧装置、空気圧装置が一般的だが、より精密・柔軟な動きを実現するために人工筋肉(高分子アクチュエーターなど)の開発が進められている。

(築地達郎 龍谷大学准教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉「アクチュエーター」の解説

アクチュエーター(actuator)

機械・装置などで、エネルギー供給を受けて、最終的な機械的仕事に変換する機械要素サーボモーター・油圧シリンダー・空圧シリンダー・油圧モーターなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアクチュエーターの言及

【トランスジューサー】より

…前者はセンサーと同意語とみなされる。後者はアクチュエーターと呼ばれることもある。いずれの場合でも,変換を行うためには物理法則が活用される。…

※「アクチュエーター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android