アクチュベ(読み)あくちゅべ(英語表記)Aqtöbe

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクチュベ
あくちゅべ
Aqtbe

中央アジア、カザフスタン共和国北中部アクチュベ州の州都。旧称アクチュビンスクAktyubinsk。人口25万3100(1999)。ウラル川の支流イレク川の左岸に位置する。1869年にロシア軍の要塞(ようさい)アクチュベ(カザフ語で白い丘の意味)として創建された。長らくアクチュビンスクと称されたが、1991年のソ連崩壊、独立後カザフ語名称のアクチュベが正称となった。鉄とクロームの合金、各種機械、建設資材、食料品などの工場がある。ロシアのオレンブルグとウズベキスタンのタシケントを結ぶ鉄道が通っている。町はアクチュベ丘上の旧市街と、都市計画のもとによく緑化された新市街に分かれている。教育大学と医科大学がある。[加藤九祚]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android