コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクチンフィラメント actin filament

栄養・生化学辞典の解説

アクチンフィラメント

 アクチン分子が結合して線(繊)維を形成している状態のもの.アクチンは球状タンパク質であるが,お互いに結合して長い線(繊)維を形成し,細胞骨格の形成,細胞の運動などにおいて重要な機能を果たす.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

アクチンフィラメントの関連キーワードミオシンフィラメントマイクロフィラメント中間径フィラメント平滑筋線(繊)維カルモジュリントロポミオシンアクチニントロポニンFアクチンIバンド分子機械ミオシン筋節A帯

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android